プロペラパロット -

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

06

22:08
Sun
2014

No.0318

最近のお仕事について

こんにちは、ヤマウチシズです。
ここ最近発表になりましたお仕事の告知です!(公式発表順)


●ポプラ社「幽霊白書(1) だれか、いるの?」 著/ミミ・マッコイ/ 訳/堀川志野舞
ポプラ社様より3月10日発売の「幽霊白書(1) だれか、いるの?」(著/ミミ・マッコイ/ 訳/堀川志野舞)の表紙・挿絵を描かせて頂きました。
夏休みを郊外の別荘で過ごすことになった主人公が、別荘で体験する恐怖体験。
一応児童書というくくりになるのでしょうか。小学生高学年~中学生くらいに向けたガールスホラーという感じです。
ただ、表紙や挿絵を描かせていただくにあたって原稿を読ませていただいたのですが、いい年こいた大人の自分が読んでも非常に面白かったです。
勝手に花瓶が割れたり、というような心霊現象自体も恐ろしいのですが、そういう状況で「自分の言うことを両親が信じてくれない」ということがどれだけ絶望的かという……最初から主人公が「まだ幼いゆえの無力さ」を自覚しているので、より一層それが際立ちます。

幽霊白書(1) だれか、いるの?



●宝島社文庫「コレクター 不思議な石の物語」 著/深津十一
宝島社文庫様より2014年04月4日発売の「コレクター 不思議な石の物語」(著/深津十一)の表紙を描かせて頂きました。
第11回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作の『「童石」をめぐる奇妙な物語』が文庫化するにあたり、僭越ながら表紙を担当いたしました。
不思議な石を集める老人と、そこを訪れた主人公。飄々とした登場人物のやりとりと、文章自体のリーダビリティの高さのおかげで一気に読まされてしまいます。最後まで読んだ後の「ああ、そういうことだったのか……」というさわやかさと切なさときたら!

コレクター 不思議な石の物語嫁

作者様のブログはこちら
お仕事の後、ご丁寧にメールで作者様ご本人からご挨拶いただき感動しました。


ほかにも相変わらずモバイルファクトリー様の「ご主人様」シリーズをバリバリ描かせてもらっております。ここ2年くらい、「ご主人様」シリーズのお仕事をしてない月は無い気がする。こちらもご興味がありましたらぜひ!
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。